自動車計測機器

 

GNSS技術のエキスパート企業として、衛星測位に関する長年の経験と知見を生かして

お客様に最適なソリューションを提供

測位衛星技術株式会社測位衛星技術株式会社

弊社では、受信機やアンテナの選定とシステムの稼動に必要なGNSS関連機器を含めた全体システム構築について、長年の経験を生かし、コンサルテーションから設置工事、アフターサービスまで一貫したサービスを提供しています。とりわけ新規性の高い技術の応用分野については、iMESに代表されるJAXAとの共同プロジェクトのような政府、官公庁、研究機関への最新技術の提供やコラボレーションと、通信分野や海洋建設分野など業界特有のニーズへの対応のために、創業以来、独自のGNSS専門技術の粋を集めた自社開発製品やシステムインテグレーションを提供してきました。

さらに、GNSS技術を応用したIMU+GNSSやG、自動運転やADAS機能などの自動車開発に必要なデータロガー、GNSS解析ソフトのような幅広い種類の製品や、測定車により三次元で地図データを作成するサービス、衛星通信、衛星放送に欠かせないアップコンバータ、ダウンコンバータ、モジュレータ、GNSSだけでなく電波に関わるすべての製品やサービスに利用が可能なRFレコーダ、Wifi/Bluetoothの開発、生産工程に欠かせない無線機能テスター、そして、時刻標準器などの取り扱いを通じて、幅広い業種や用途に向けてソリューションを提供しています。

GNSS受信機は、GNSS受信機のページでご紹介しています。また、自動車開発向けのIMU+GNSS製品とCANデータロガー、GNSSシミュレータは、自動車開発向けソリューションのページでご紹介しています。さらに、アップコンバータ、ダウンコンバータ、モジュレータ、RFレコーダ、無線機能テスターは、通信機器関連機器、タイムサーバー、周波数校正器、同期位相電力測定器、電力管理/電力校正器、テストリード、光ファイバー/銅線信号変換器は、タイムサーバー/スマートグリッド向け機器ご覧ください。

自動車計測機器

従来、複数回のイテレーションにより、試作車をさまざまなテストリグを利用して試験していた機能試験は、近年、徐々にシミュレーション開発による機能試験に移行してきています。同時に、とりわけドイツの自動車メーカーでは、より実際的なユーザーの視点に立って実地での運転性能や燃費性能を向上させるために、公道での試験を強化する動きもでてきている中で、GNSS受信機で測定した位置情報と、CANなどからの得られるデータをロギングして解析できるGNSSデータロガーの重要性が以前にも増して高まっています。従来も、GNSSデータロガーは、ブレーキ性能や、コーストダウン性能、ABSの性能をプルービンググラウンドでの測定で計測する目的で利用されてきました。また、IMUを接続してESCの性能や、車線逸脱防止機能など、車両の挙動に関連したデータを測定する目的にも利用されてきました。しかしながら、公道での試験となると森林や、切通し、橋、建物などでGNSS信号が途切れたり、精度が低下した場合でもIMUで計測した挙動で位置情報を補正する機能が必要になっています。さらに、燃費性能の分野では、GNSS受信機による測定では精度に限界がある高度の測定データを、気圧高度計が補完する機能も必要になっています。

加えて、熱電対などのアナログセンサを含めて、多面的にデータをロギングする機能も重要になっています。従来のようにSDカードにロギングするだけでなくWi-Fi経由でデータを送信するテレメトリー機能や、他のデータアクイジションシステムとの連携でCANからUSBへの変換機能も重要になっています。そして、ディスプレイを内蔵しコクピットに簡単に取り付けて、CANデータのロギングや、Wi-Fi経由でのテレメトリー計測を可能にするコンパクトなGNSS車載データロガーも、先進安全自動車(ASV)のさまざまな機能試験で非常に重要になっています。弊社では、これらの機能を搭載しCANに対応した、GNSSスピードセンサ、GNSS車載データロガー、CAN変換器、GNSS車載データロガーガイダンス システム、IMU/IMU+GNSSハイブリッドセンサを提供しています。

GNSS車載データロガー
従来、テストベンチでテストリグを利用した試験では、計測センサから出力されたアナログデータをデータアクイジションにシステムに入力するためのシグナルコンディショニング機器や、CANのルーターなどを介して、データアクイジションシステムでデータをロギングして多岐にわたる解析が行われてきました。熱電対の温度センサや、赤外線温度センサ、振動センサ、圧力センサ、音量センサ、風圧センサ、回転センサ、角度センサ、加速度センサなど、試験対象となる部品や機構、電装品、あるいは車両全体の機能に応じて、接続されるセンサはさまざまです。また、今日、バイワイヤ化が進みアクセル、ブレーキ、ステアリング、ギアシフトの操作がCAN経由で出力され、ECU側もありとあらゆる部品や機構、電装品をCANで制御するようになっている中で、CANのデータのロギングが大変重要になってきています。

テストベンチでテストリグを利用した試験は、車両全体の機能を試験する場合、基本的に車両の移動が伴わないため、速度や挙動と連動させる必要はありませんでした。しかし、ABS(アンチロックブレーキシステム)やESC(横滑り防止ブレーキ)が登場してからは、プルービンググラウンドで速度や挙動を計測する必要がでてきました。そこで、GNSSの位置情報や、IMUの挙動情報を連動させてロギングが可能な、GNSS車載データロガーが自動車業界に浸透するようになりました。そして、今後、先進安全自動車(ASV)の機能が高度化していくと、従来よりも多くのセンサデータを収集していく必要がでてきています。現在、GNSS車載データロガーには、熱電対やアナログセンサのデータを入力できるシグナルコンディショニング機能を内蔵したハイエンドの製品から、ガイダンスシステムに簡易的なGNSS車載データロガーも搭載されているローエンドの製品まで、幅広い製品が市場に提供されています。現在、試験対象に取り付けるセンサにもCAN出力に対応したものが増えてきている中で、CANのみで必要な測定対象データが取得できるケースも多くなっています。弊社では、幅広いニーズに対応するために、スッキーデータシステムズと、デュエットエンジニアリングのGNSS車載データロガー製品を提供しています。とりわけ、OBD2経由でも手軽に必要なデータが得られる場合も多いことから、デュエットエンジニアリングでは、OBD2入力にも対応しています。

CAN変換器/OBD変換器
試験対象に取り付けるセンサにもCAN出力に対応したものが増えてきている上に、センサを取り付けなくともCANだけで必要なデータが得られることも多く、プルービンググラウンドでテレメトリー計測を行うニーズもでてきている中で、CANからUSBや、CANからWi-Fiにデータを変換する必要がでてきています。また、CANのみに対応していたり、アナログ入力ポート数が限られているGNSS車載データロガーを利用する場合、熱電対やアナログからの入力データをCANに変換するニーズもでてきています。弊社では、幅広いニーズに対応するために、スッキーデータシステムズと、デュエットエンジニアリングのCAN変換器OBD変換器製品を提供しています。とりわけ、スッキーデータシステムズの製品では、熱電対32チャンネルの入力情報をCANに変換する製品や、アナログ32チャンネルの入力情報をCANに変換する製品、熱電対とアナログ各16チャンネルの入力情報をCANに変換する製品を提供しています。

GNSSスピードセンサ
GNSSスピードセンサは、内蔵のGNSS受信機の測定した位置情報や速度情報をおもにCAN経由で出力することができる速度計です。ブレーキテストや、コースとダウンテスト、加速テストだけでなく、プルービンググラウンドで行われる、多岐にわたる試験で利用が可能です。とりわけ、スッキーデータシステムズの製品では、気圧高度計を内蔵することで、GNSS受信機で計測可能な精度を上回る高度の精度を実現しています。また、森林や、切通し、橋、建物などでGNSS信号が途切れたり、精度が低下した場合でも気圧高度計で高度の情報を補正することができるので、従来よりも正確な燃費性能試験が可能となっています。

CAN出力対応GNSS受信機

dbcファイルを自動で生成可能な自動車計測用にCAN IDで出力が可能なGNSS受信機を利用すれば、CAN対応のデータアクイジションシステムに、容易にGPS機能を追加することが可能です。とりわけ、デュエットエンジニアリングのGPS20/CANID/Inlineなら、GPS/GLONASSに加えてWAAS/EGNOSにも対応しているので、E911やeCallのプルービンググラウンドでの走行試験に有用です。ただし、日本でWAAS/EGNOSを利用した試験を行うには、GNSSシミュレータが必要になります。

GNSS車載データロガーガイダンス システム
GNSS車載データロガーには、ディスプレイが内蔵されボタン操作により、機器の状態の確認や、試験モードの選択、試験のスタート、ストップ操作を行える製品と、別途、外付けのディスプレイを接続する必要のある製品があります。そして、GNSS車載データロガーガイダンス システムには、車載データロガーと接続して、機器の状態の確認や設定操作のみを行える操作ディスプレイ単体製品と、GNSS受信機やIMU、気圧高度計を内蔵し、CAN入力データも内蔵メモリやSDカードにロギングができる多機能製品があります。弊社では、幅広いニーズに対応するために、スッキーデータシステムズと、デュエットエンジニアリングのGNSS車載データロガーガイダンス システム製品を提供しています。とりわけ、デュエットエンジニアリングの製品は、内蔵のカラー液晶タッチディスプレイから直感的な操作や、機器の状態と試験結果の確認を行うことが可能です。

IMU/IMU+GNSSハイブリッドセンサ
IMU/IMU+GNSSハイブリッドセンサには、リングレーザー方式で高速、高振動でも超高精度で姿勢を計測できる製品から、自動運転のプロトタイプ車や、自動運転機能の検証などに利用可能な光ファイバージャイロ搭載製品、低価格でESCや車線逸脱防止、自動車庫入れ機能などに対応可能なパフォーマンスのMEMS製品まで、幅広い価格パフォーマンスレンジの製品があります。弊社では、先進安全自動車(ASV)の機能の測定に十分なパフォーマンスを発揮するMEMSジャイロを搭載した、スッキーデータシステムズのCAN出力対応IMUとIMU+GNSSハイブリッドセンサを提供しています。

自動車計測機器と製品群

ブランド 製品群
スッキーデータシステムズ GNSSスピードセンサ、GNSS車載データロガー、CAN変換器、GNSSデータロガー ガイダンス システム、IMU/IMU+GNSSハイブリッドセンサ
デュエットエンジニアリング GNSS車載データロガー、GNSSデータロガー ガイダンス システム、GNSS車載データゲートウエイ/データロガー、CAN出力対応GNSS受信機、CAN変換器/OBD2変換器、