GNSSシミュレータ

最先端の技術をいち早くシステムインテグレーションしてきた優れた技術力

測位衛星技術株式会社測位衛星技術株式会社

 

自社開発の4チャンネルGNSSシミュレータ

GNSSシュミレータは、一般に、GNSS受信機チップや、GNSS受信機チップを搭載したモジュール、製品の開発、品質テストで広く活用されています。一方で、GNSSシミュレータには、これ以外にもいくつかの特殊な用途があります。自社開発の4チャンネルGNSSシミュレータは4衛星のGPS L1信号を出力することができます。衛星信号の受信試験だけでなく、測位試験にも活用できます。工場内での機能検査や、研究開発、教育用、その他の用途に活用が可能なコストパフォーマンスに優れた製品です。

特長:

  • 面倒なシナリオ設定を行うことなくGPS衛星のL1信号を出力できます
  • 電源をオンにした時点で時刻同期を行うことで、連続的に現時点での衛星配置のGPS衛星の信号を出力します
  • 稼働開始時に時刻同期と、出力レベル、任意の場所の設定をするだけでメンテナンスフリーで使用できます
  • 測位精度、TTFF(初期FIXまでの時間)、受信感度(C/No値の確認)などを確認することができます
  • ラックマウントタイプなので他の計測装置とともに全体システムを構成した状態でお使いいただけます

注意事項:本製品は、無停電電源装置(UPS)などを接続して常に電源をオンにした状態で使用していただく設計となっております。

用途:

  • 製品の開発、設計工程におけるプロトタイプの品質テストでのGPS信号の受信確認
  • 工場における出荷検査でのGPS信号の受信確認
  • GPSを使用した製品のショールームでの展示によるGPS機能のデモンストレーション
  • GPS信号を利用した通信機器の屋内における時刻同期機能の補完

 

国をまたいで移動をすると移動先のGPS信号を受信して現地時間を表示可能なGPSウオッチのデモンストレーションでは、GNSSシミュレータを利用することで移動しなくともあたかも移動したかのように別の国の時間を表示させることが可能です。

屋内でもGNSS信号を受信して時刻同期を行う必要がある通信機器の運用のために、アンテナケーブル網が存在せずリピータを利用できない場所にGNSSシミュレータを設置して時刻同期用のためにGNSS信号を出力することも可能です。CDMAインフラにおける携帯通信基地局における時刻同期には、この方法が利用されていました。

弊社、自社開発の4チャンネルGNSSシミュレータは、これらの特殊な用途で、仕様やコストの面で、弊社取り扱いのアイフェン社や、スペクトラコム社、アディビック社のGNSSシミュレータ製品では、お客様の要望に応えられない場合に、カスタマイズ設計で提供しています。

63
No
detail
detail
None
1
キーワードを入力してください
/gnss_technologies_products/gnss_simulator
Detail
自社開発製品 - GNSSシミュレータ
GNSSシミュレータ Image
GNSSシミュレータ
特長:自社開発の強みを活かし、お客様の要望に応じてカスタマイズが可能なGNSSシミュレータ
メーカー名:測位衛星技術
自社開発製品 - GNSSシミュレータ
GNSSシミュレータ
GNSSシミュレータ Image

4チャンネルで4衛星のGPS L1信号を出力することができるGNSSシミュレータです。システムインテグレーションやその他の用途で活用が可能なコストパフォーマンスに優れた製品です。自社開発の強みを活かし、お客様の要望に応じてカスタマイズが可能です。

特長:自社開発の強みを活かし、お客様の要望に応じてカスタマイズが可能なGNSSシミュレータ
メーカー名:測位衛星技術
自社開発製品 - GNSSシミュレータ
GNSSシミュレータ Image
GNSSシミュレータ
4チャンネルで4衛星のGPS L1信号を出力することができるGNSSシミュレータです。システムインテグレーションやその他の用途で活用が可能なコストパフォーマンスに優れた製品です。自社開発の強みを活かし、お客様の要望... もっと読む
特長:自社開発の強みを活かし、お客様の要望に応じてカスタマイズが可能なGNSSシミュレータ
メーカー名:測位衛星技術