SBASシミュレータIIトライアルライセンス提供のお知らせ

2016年10月4日

測位衛星技術株式会社では、この度、チェコ共和国の宇宙システム向けソフトウエア企業であるイグアスソフトウエアシステムズ社が開発し、EUが運用する補強衛星群であるEGNOSのシステム運用に欧州宇宙機関(ESA)が利用しているSBASシミュレータIIのトライアルライセンスの提供を開始いたしました。

イグアスソフトウエア社は、今年で、創立20周年を迎えるGNSS向けソフトウエアの老舗企業です。チェコ共和国が、2005年にEUに加盟して以来、GALILEO測位衛星システム向けに、地球観測システム(EO)、宇宙状況監視(SSA)、通信(Telecom)、ミッションオペレーション(MO)、エレクトリックグランドセグメントエクイップメント(EGSE)の数々のプロジェクトに携わってきています。中でも、SBASシミュレータIIは、補強衛星群から受信した補正情報が、任意のグローバル軌道衛星群の設定で、どのような測位結果となるかシミュレーションを行うことが可能です。補強衛星群のシステムの開発・設計テスト・運用のプロセスで必須となる、補正情報シミュレーションソフトウエアは、今後、MSASの後継システムが投入される見込みである日本においても非常に重要となっていくことでしょう。

SBASシミュレータには、無償版の旧バージョンと、機能を拡張し2周波に対応した有償版の新バージョンがあります。ともにソフトウエア アズ ア サービス(SaaS)としてウェブブラウザベースでご利用いただけます。旧バージョンは一般に公開され自由にご利用いただけます。有償版の新バージョンのトライアルライセンスは、弊社ウェブサイトにユーザー登録していただくとご覧いただける、「イグアス ソフトウエア システムズ社製品 サポート情報」のページからお申し込みいただくことが可能です。こちらをクリックすると新規ユーザー登録と、登録済のお客様のトライアルライセンスのお申込みができます。

イグアス ソフトウエア システムズ社製品 サポート情報のページでは、ユーザー登録していただいたお客様向けに、SBASシミュレータを利用するための設定情報と、英語版マニュアル、SBASシミュレータIIの英語版マニュアルをダウンロードすることができます。

弊社、ホームページ上で、定期的に製品サポートに関する内容や、ご登録していただいたお客さまのみが閲覧可能な内容を充実していく計画です。