設計開発向け機器

 

GNSS技術のエキスパート企業として、衛星測位に関する長年の経験と知見を生かして

お客様に最適なソリューションを提供

測位衛星技術株式会社測位衛星技術株式会社

弊社では、受信機やアンテナの選定とシステムの稼動に必要なGNSS関連機器を含めた全体システム構築について、長年の経験を生かし、コンサルテーションから設置工事、アフターサービスまで一貫したサービスを提供しています。とりわけ新規性の高い技術の応用分野については、iMESに代表されるJAXAとの共同プロジェクトのような政府、官公庁、研究機関への最新技術の提供やコラボレーションと、通信分野や海洋建設分野など業界特有のニーズへの対応のために、創業以来、独自のGNSS専門技術の粋を集めた自社開発製品やシステムインテグレーションを提供してきました。

さらに、GNSS技術を応用したIMU+GNSSやG、自動運転やADAS機能などの自動車開発に必要なデータロガー、GNSS解析ソフトのような幅広い種類の製品や、測定車により三次元で地図データを作成するサービス、衛星通信、衛星放送に欠かせないアップコンバータ、ダウンコンバータ、モジュレータ、GNSSだけでなく電波に関わるすべての製品やサービスに利用が可能なRFレコーダ、Wifi/Bluetoothの開発、生産工程に欠かせない無線機能テスター、そして、時刻標準器などの取り扱いを通じて、幅広い業種や用途に向けてソリューションを提供しています。

GNSS受信機は、GNSS受信機のページでご紹介しています。また、自動車開発向けのIMU+GNSS製品とCANデータロガー、GNSSシミュレータは、自動車開発向けソリューションのページでご紹介しています。さらに、アップコンバータ、ダウンコンバータ、モジュレータ、RFレコーダ、無線機能テスターは、通信機器関連機器、タイムサーバー、周波数校正器、同期位相電力測定器、電力管理/電力校正器、テストリード、光ファイバー/銅線信号変換器は、タイムサーバー/スマートグリッド向け機器ご覧ください。

リピータ製品と、アンテナ、構内配線網

リピータ製品は、カーナビや、ドライブレコーダ、レーダー探知機、携帯電話、スマートフォン、タブレットPC、ノートPC、デジタルカメラ、時計、ウエアラブルデバイスなど、GNSS受信機能を搭載した幅広い分野の製品の設計開発や生産工程において活用されています。アンテナを建物屋上などに設置し、構内配線網を通じて受信したGNSS信号を、リピーターに配信し、そこから製品に向けて再びアンテナで信号を放射することが可能です。

GNSSシミュレータ

GNSSシミュレータ製品も、リピータ製品同様に、カーナビや、ドライブレコーダ、レーダー探知機、携帯電話、スマートフォン、タブレットPC、ノートPC、デジタルカメラ、時計、ウエアラブルデバイスなど、GNSS受信機能を搭載した幅広い分野の製品の設計開発や生産工程において活用されています。GNSSシミュレータに、任意の時刻と場所、必要となる衛星を設定して、疑似的にGNSS信号を生成させて、製品に向けてアンテナで信号を放射することが可能です。リピータ製品と異なり、日本の設計、開発現場では受信できない、Galileoのような特定の地域のみの衛星信号や、まだ打ち上げられていない将来の衛星信号を発生させることができるので、GPS以外のGNSS衛星をサポートする製品の設計開発、生産工程における試験には欠かせない存在です。さらに、Google Mapなどで、特定の走行ルートを作成して、作成したシナリオに従って、移動中に受信機が受け取る衛星信号を疑似的に生成させることも可能です。

RFレコーダ/プレイヤ

幅広い帯域の電波そのものをリアルタイムでデジタル収録して、別の場所で収録した電波そのものを再生が可能なRFレコーダ/プレイヤは、電波の出入力機能を持つあらゆる製品の開発、設計、生産、品質サポートの現場で、従来、ピンポイントでスペクトラムアナライザーでログをとっていた作業負荷を大幅に改善し、データ解析による品質の向上に役立っています。カーナビや、ドライブレコーダ、レーダー探知機、無線通信、テレビ放送、ラジオ放送、衛星放送、衛星通信から、スピーフィングや、妨害電波、電波傍受など電波行政や国防における電波監視まで幅広い用途で利用されています。

Wifi/Bluetoothテスタ

WifiやBlueToothは、ノート型パソコンやスマートフォン、タブレットをはじめ、ポータブルゲーム機やプリンタなどさまざまな製品に搭載されています。開発工程において、これらの機能を製品に搭載する際、従来は、高価なベクトル・シグナル・ジェネレータ、VSGと、ベクトル・シグナル・アナライザー、VSAを、別々に用意する必要がありました。WiFiテストに必要となるのは、基本的に、パワーバーサスタイム、スペクトラムマスク、コンスタレーション、EVMバーサスサブキャリアの4つの要素です。これらを測定するために、従来では、2種類の測定器を用意した上で、さらに専用のオプション機能を追加して、それぞれに複雑な設定を行う必要がありました。弊社では、これらの機能をオールインワンで用意し、開発工程、生産工程で、簡単な設定でテストができる無線機能テスターを提供しています。

GNSS+IMUハイブリッド受信機

自動運転の機能開発では、GNSS受信機で正確な位置を計測しつつ、衛星の信号が途切れた場合にも、IMUが補完して継続して走行位置を計測する必要がある上に、IMUで姿勢や挙動を高速かつ正確に計測する必要があります。また、UAVや二足歩行ロボットなどの姿勢安定化にも、IMUは不可欠です。これらの製品や製品プロトタイプに搭載されるGNSS受信機とIMUの機能やパフォーマンスの評価は、通常、基準となる高精度なGNSS+IMUハイブリッド受信機を利用して実施します。弊社では、欧州の自動車メーカーで、ドライビングロボットとの連携によるADAS試験だけでなく、自動運転車のプロトタイプや、製品開発に利用されている高精度のGNSS+IMUハイブリッド受信機を提供しています。

自動車計測機器

従来、複数回のイテレーションにより、試作車をさまざまなテストリグを利用して試験していた機能試験は、近年、徐々にシミュレーション開発による機能試験に移行してきています。同時に、とりわけドイツの自動車メーカーでは、より実際的なユーザーの視点に立って実地での運転性能や燃費性能を向上させるために、公道での試験を強化する動きもでてきている中で、GNSS受信機で測定した位置情報と、CANなどからの得られるデータをロギングして解析できるGNSS車載データロガーの重要性が以前にも増して高まっています。従来も、GNSS車載データロガーは、ブレーキ性能や、コーストダウン性能、ABSの性能をプルービンググラウンドでの測定で計測する目的で利用されてきました。また、IMUを接続してESCの性能や、車線逸脱防止機能など、車両の挙動に関連したデータを測定する目的にも利用されてきました。しかしながら、公道での試験となると森林や、切通し、橋、建物などでGNSS信号が途切れたり、精度が低下した場合でもIMUで計測した挙動で位置情報を補正する機能が必要になっています。さらに、燃費性能の分野では、GNSS受信機による測定では精度に限界がある高度の測定データを、気圧高度計が補完する機能も必要になっています。

加えて、熱電対などのアナログセンサを含めて、多面的にデータをロギングする機能も重要になっています。従来のようにSDカードにロギングするだけでなくWi-Fi経由でデータを送信するテレメトリー機能や、他のデータアクイジションシステムとの連携でCANからUSBへの変換機能にも重要になっています。そして、ディスプレイを内蔵しコクピットに簡単に取り付けて、CANデータのロギングや、Wi-Fi経由でのテレメトリー計測を可能にするコンパクトなロガーも、先進安全自動車(ASV)のさまざまな機能試験で非常に重要になっています。弊社では、これらの機能を搭載しCANに対応した、GNSSスピードセンサ、GNSS車載データロガー、CAN変換器、GNSS車載データロガー ガイダンス システム、IMU/IMU+GNSSハイブリッドセンサを提供しています。自動車計測機器についての詳しい内容は、こちらでご覧いただけます

設計開発ソリューションと製品群

ブランド/td> 製品群
GPSソース リピーター製品、アンテナ、構内配線網
アイフェン GNSSシミュレータ、IMES信号シミュレータ
スペクトラコム GNSSシミュレータ、HILS連携ソリューション
アディビック RFレコーダ/プレイヤ、Wi-Fiテスタ、GNSSシミュレータ
アイマー GNSS+IMUハイブリッドセンサ、IMU、アンテナ
スッキーデータシステムズ GNSSスピードセンサ、GNSSロガー、CAN変換器、GNSSデータロガー ガイダンス システム、IMU/IMU+GNSSハイブリッドセンサ
デュエットエンジニアリング GNSSスピードセンサ、GNSSロガー、CAN変換器、GNSSデータロガー ガイダンス システム、IMU/IMU+GNSSハイブリッドセンサ