RFレコーダ/プレイヤ

測位衛星技術株式会社測位衛星技術株式会社

弊社では、自動車開発向けソリューションとして、RFレコーダ/プレイヤを提供しています。RFレコーダ/プレイヤなら、車を走行させながら、実衛星の信号を収録して、後でいつでもどこでも繰り返し、収録した信号を再生することができます。実際に走行したルートで受信した信号を再生し、カーナビの動作テストを実施できるので、問題発生時の原因究明にも役立ちます。また、衛星信号だけでなく、放送や通信の電波も収録が可能なので、日本では実施できない海外のテレビやラジオの機能テストにも利用できます。さらに、将来の車車間や、車人間通信の機能テストや、自動車用のアクセスポイントの電波環境調査、今後、機能が複雑化するETCなど、さまざま用途での活用が期待されています。

加えて、自社開発製品として、GNSSシミュレータやRFレコーダ/プレイヤと連携させて、カーナビ向けだけでなく、ADAS向けにも適用が可能な、自社開発の移動体姿勢シミュレーションシステムを提供しています。移動体に、3軸ジャイロやカメラが接続された記録用のコントローラと、必要に応じて、 RFレコーダ/プレイヤを搭載し、走行中の挙動や信号を記録して、後に、記録されたデータに基づいて挙動を再現する回転台に、評価対象のカーナビや、ECUを乗せて動作テストができるシステムです。走行ルートに合わせて、GNSSシミュレータや、RFレコーダ/プレイヤで衛星信号を出力し、挙動に合わせて、正しい画面が表示できるかどうかを、記録した前方カメラの画像と、カーナビ画面のカメラの画像により、比較テストが行えます。また、走行ルートの衛星信号や挙動に合わせて、ECUが、HILSなどのシミュレーションシステムへ、正しい制御出力ができるかどうかもテストすることが可能です。移動体姿勢シミュレーションシステムの詳しい内容は、こちらからご覧いただけます。弊社では、お客様のご要望に基づいて、さまざまなカスタマイズを行っています。

製品の画像や、リンク、詳細ボタンをクリックすると詳しい製品情報が表示されます。

56
No
Detail
Detail
None
1
キーワードを入力してください
/solutions_and_services/automotive/rf_recorder_player
Detail
アディビック - RFレコーダ/プレイヤ
MP9000 RFプレイヤ Image
MP9000 RFプレイヤ
特長:お客様の目的にあった試験システムを1つのユニットで構築完結させることが可能な「MP9000 RF Station」
メーカー名:アディビック(台)
MP7600 RFレコーダ/プレイヤ Image
MP7600 RFレコーダ/プレイヤ
特長:100Hzの広帯域の収録再生に対応し、カメラやGPSとの連動が可能なコンポーネントタイプのRFレコーダ/プレイヤ
メーカー名:アディビック(台)
MP7300 RFレコーダ/プレイヤ Image
MP7300 RFレコーダ/プレイヤ
特長:300kHz~3GHzの範囲で、任意の周波数レンジの電波を1~45MHzの帯域幅で2チャンネル同時にデジタル収録し、後で再生することができる電波収録、再生装置
メーカー名:アディビック(台)
MP7200 RFレコーダ/プレイヤ Image
MP7200 RFレコーダ/プレイヤ
特長:300kHz~3GHzの範囲で、任意の周波数レンジの電波を1~45MHzの帯域幅で2チャンネル同時にデジタル収録し、後で再生することができる電波収録、再生装置
メーカー名:アディビック(台)
アディビック - RFレコーダ/プレイヤ
MP9000 RFプレイヤ
MP9000 RFプレイヤ Image

GPS、FMRDS/TMC、デジタルTV、オーディオアナライザなど、5つのオプションを自由に組み合わせて、RF信号の受信機能のすべての標準的な試験が可能です。MP7200/7300と同様に、10.2インチのワイド画面タッチパネルで操作が簡単です。

MP9000 RFプレイヤ 日本語カタログ
MP9000 RFプレイヤ 日本語カタログ

特長:お客様の目的にあった試験システムを1つのユニットで構築完結させることが可能な「MP9000 RF Station」
メーカー名:アディビック(台)
MP7600 RFレコーダ/プレイヤ
MP7600 RFレコーダ/プレイヤ Image

RFレコーダ/プレイヤは、収録したい電波の帯域に対応したアンテナを接続し、受信電波をデジタルデータとしてSSDなどのメディアに記録させることで、後で記録されたデジタルデータから電波を再生することが可能な画期的な機器です。一度、目的の場所で収録しておけば、いつでもどこでも、何度でも繰り返し再生ができます。従来は、実環境における電波受信試験のために、試験対象機器(DUT)と共に、何度も現場に出向いていた実施していた試験プロセスを、効率化することが可能です。また、政府機関などによる電波監視のために、常時、電波を収録しておき異常があった際に、電波の再生、解析を行うことも可能です。

従来のMP7200/MP7300よりもコンパクトなボディで、300KHz~6GHzの範囲で、更に収録帯域幅を拡張し任意の周波数レンジの電波を1~100MHzの帯域幅で、収録、再生が可能になりました。外付けで汎用ディスプレイが接続可能なコンポーネント設計です。PCからのリモート接続で複数台の連動や、GPSマウスやカメラと連動した収録再生により幅広い用途でお使いいただけます。

カタログダウンロード

MP7600 RFレコーダ/プレイヤ 日本語カタログ
MP7600 RFレコーダ/プレイヤ 日本語カタログ

MP7600 RFレコーダ/プレイヤ 英語カタログ
MP7600 RFレコーダ/プレイヤ 英語カタログ

特長:100Hzの広帯域の収録再生に対応し、カメラやGPSとの連動が可能なコンポーネントタイプのRFレコーダ/プレイヤ
メーカー名:アディビック(台)
MP7300 RFレコーダ/プレイヤ
MP7300 RFレコーダ/プレイヤ Image

RFレコーダ/プレイヤは、収録したい電波の帯域に対応したアンテナを接続し、受信電波をデジタルデータとしてSSDなどのメディアに記録させることで、後で記録されたデジタルデータから電波を再生することが可能な画期的な機器です。一度、目的の場所で収録しておけば、いつでもどこでも、何度でも繰り返し再生ができます。従来は、実環境における電波受信試験のために、試験対象機器(DUT)と共に、何度も現場に出向いていた実施していた試験プロセスを、効率化することが可能です。また、政府機関などによる電波監視のために、常時、電波を収録しておき異常があった際に、電波の再生、解析を行うことも可能です。

MP7300 RFレコーダ/プレイヤは、300kHz~3GHzの範囲で、任意の周波数レンジの電波を1~45MHzの帯域幅で、2チャンネル同時に収録、再生が可能なミッドレンジモデルです。

MP7300 日本語カタログ
MP7300 日本語カタログ

特長:300kHz~3GHzの範囲で、任意の周波数レンジの電波を1~45MHzの帯域幅で2チャンネル同時にデジタル収録し、後で再生することができる電波収録、再生装置
メーカー名:アディビック(台)
MP7200 RFレコーダ/プレイヤ
MP7200 RFレコーダ/プレイヤ Image

RFレコーダ/プレイヤは、収録したい電波の帯域に対応したアンテナを接続し、受信電波をデジタルデータとしてSSDなどのメディアに記録させることで、後で記録されたデジタルデータから電波を再生することが可能な画期的な機器です。一度、目的の場所で収録しておけば、いつでもどこでも、何度でも繰り返し再生ができます。従来は、実環境における電波受信試験のために、試験対象機器(DUT)と共に、何度も現場に出向いていた実施していた試験プロセスを、効率化することが可能です。また、政府機関などによる電波監視のために、常時、電波を収録しておき異常があった際に、電波の再生、解析を行うことも可能です。

MP7300 RFレコーダ/プレイヤは、300kHz~3GHzの範囲で、任意の周波数レンジの電波を1~45MHzの帯域幅で、2チャンネル同時に収録、再生が可能なミッドレンジモデルです。

カタログダウンロード

MP7200 RFレコーダ/プレイヤ 日本語カタログ
MP7200 RFレコーダ/プレイヤ 日本語カタログ

MP7200 RFレコーダ/プレイヤ 英語カタログ
MP7200 RFレコーダ/プレイヤ 英語カタログ

特長:300kHz~3GHzの範囲で、任意の周波数レンジの電波を1~45MHzの帯域幅で2チャンネル同時にデジタル収録し、後で再生することができる電波収録、再生装置
メーカー名:アディビック(台)
アディビック - RFレコーダ/プレイヤ
MP9000 RFプレイヤ Image
MP9000 RFプレイヤ
GPS、FMRDS/TMC、デジタルTV、オーディオアナライザなど、5つのオプションを自由に組み合わせて、RF信号の受信機能のすべての標準的な試験が可能です。MP7200/7300と同様に、10.2インチのワイド画面タッチパネルで操作が簡... もっと読む
特長:お客様の目的にあった試験システムを1つのユニットで構築完結させることが可能な「MP9000 RF Station」
メーカー名:アディビック(台)
MP7600 RFレコーダ/プレイヤ Image
MP7600 RFレコーダ/プレイヤ
RFレコーダ/プレイヤは、収録したい電波の帯域に対応したアンテナを接続し、受信電波をデジタルデータとしてSSDなどのメディアに記録させることで、後で記録されたデジタルデータから電波を再生することが可能な画... もっと読む
特長:100Hzの広帯域の収録再生に対応し、カメラやGPSとの連動が可能なコンポーネントタイプのRFレコーダ/プレイヤ
メーカー名:アディビック(台)
MP7300 RFレコーダ/プレイヤ Image
MP7300 RFレコーダ/プレイヤ
RFレコーダ/プレイヤは、収録したい電波の帯域に対応したアンテナを接続し、受信電波をデジタルデータとしてSSDなどのメディアに記録させることで、後で記録されたデジタルデータから電波を再生することが可能な画期... もっと読む
特長:300kHz~3GHzの範囲で、任意の周波数レンジの電波を1~45MHzの帯域幅で2チャンネル同時にデジタル収録し、後で再生することができる電波収録、再生装置
メーカー名:アディビック(台)
MP7200 RFレコーダ/プレイヤ Image
MP7200 RFレコーダ/プレイヤ
RFレコーダ/プレイヤは、収録したい電波の帯域に対応したアンテナを接続し、受信電波をデジタルデータとしてSSDなどのメディアに記録させることで、後で記録されたデジタルデータから電波を再生することが可能な画期... もっと読む
特長:300kHz~3GHzの範囲で、任意の周波数レンジの電波を1~45MHzの帯域幅で2チャンネル同時にデジタル収録し、後で再生することができる電波収録、再生装置
メーカー名:アディビック(台)